柄の大小による花柄水着の高感度は?

花柄水着を選ぶ際のポイントとして、より可愛らしく感じるのは…という事で、カラーの濃淡を別記事でご紹介しました。そちらはご覧いただけたでしょうか?まだの方は、こちらを読み終わったら、是非濃淡についての記事も合わせて参考にしてみて下さい。
ここでは、花柄の大きさについて解説していきたいと思います。花柄と一言でいっても、そのデザインは様々で、小さめの花柄模様をあしらっている物もあれば、大きめの花柄をあしらっている水着もあります。
それぞれに周囲に与える印象というのは、どのように違うのか見ていき、より可愛らしく感じる花柄を伝授していきたいと思います。
●大きい花柄●
大花柄として分類されますが、一つ一つの花の存在感のある花柄デザインをさします。
こちらは、可愛らしさというよりは、大人っぽさ、そしてエレガントさを表現したい時に欠かせない花柄模様といえます。
妙齢を超えた女性にとっては、この大花柄が良いアクセントに。可愛すぎず、年齢にあった美しさを醸し出してくれるデザインでしょう。
●小さい花柄●
反対に小花柄は、可愛らしさを表現するならば、もってこいのデザインです。幼さも感じるような小花柄という事で、cuteな印象を与えてくれます。
【勝者は小花柄】
という事で、より可愛らしさという点においては、小花柄がベストです。花柄としての存在感を抑える事で、可愛らしさを演出する事が出来ますので、是非購入の際に参考にしてみて下さい。